海外バイナリーオプションの魅力

 バイナリーオプションでの投資取引を行うためには、この金融商品を取り扱っている取引業者を選ぶ必要があります。
業者を選んだ後にそこに取引きの専用口座を作り、入金を行うことによって、実際の投資を行うことができるようになるのですが、バイナリーオプションの取引業者はたくさんあり、またそれぞれにサービスの内容や取り扱うことができる取引銘柄、利用することができる取引ルールなど様々な差異があるために、慎重に選択をしなくてはなりません。

バイナリーオプションの取引業者では、まず国内の取引業者と海外の取引業者で大きな違いがあります。
国内のバイナリーオプションは2013年の金融庁からの通達を受け、金融先物取引業協会が規制を布くことになり、それまでのバイナリーオプションの様相と大きく変わった展開をとっています。

海外のバイナリーオプションの取引業者は、全世界にサービスを展開しており、こうした国内の規制には当たらず、このことにより規制より前の自由度の高いバイナリーオプション取引が行えるのが最大の特徴となっています。

最も大きな違いは、一回の取引きにかかる判定時間で、国内のバイナリーオプションでは1回の取引時間は最短でも2時間以上と定められているのですが、海外のバイナリーオプションでは、5分、15分、1時間といった設定が標準的であり、中にはわずか60秒で判定結果の出るルールを採用している取引業者もあります。

こうした短時間の判定であれば、短い間で何度も取引が行えるために、大きな利益を求めた投資取引も行え、例えば日本では一日中取引きを行っても、12回程度であるのに対し、同じ取引を十数分で行える海外のバイナリーオプションでは、同じ利益を上げることも極めて短時間に成し遂げることができます。

このほかにも、配当金の設定が定額制となっている国内と違い、取引きの難易度によってさまざまな設定が用意されているペイアウト倍率制となっているため、より戦略性の高いバイナリーオプション取引きを行うことができます。

また、海外の取引業者では言語の壁や各種手続き、入手金の対応などがしばしば問題になりますが、多くの取引業者が日本語での対応を可能としており、万が一の場合のトラブル置いても、日本語でのサポート展開を行っており、その対応もメール、ライブチャット、電話など、目的に合わせて様々なものが用意されています。

また、入出金もクレジットカード、ネットバンクに対応しているために、こうしたものを利用すれば、ほとんど即時に行わるために、日本の取引業者を利用しているのとほぼ変わらないサービスレベルに達しているといえるのです。

基礎情報

おすすめインフォメーション

サイト基礎情報


チャート大好き

私はFXをするときにたくさんチャートを表示しておかないと落ち着かないタイプです。

主要なものは大体同時に見張りながら取引に入るタイミングを考えているのですが、さすがに多すぎて目が疲れてくることが多くなりました。

そこで、それぞれのチャートに重ねていたインジケーターを少なくしてトレンド系とオシレーター系をひとつずつに絞ることにしたのです。

さっぱりした画面になったおかげでテクニカルよりも本来の値動きに目が行くようになったから、小手先に頼らずにその場の判断ができるようになってFXがやりやすくなったように思います。


©  Justingoodrich.net.