日本の規制が係らない海外FX

sdfhyreiks FX外国為替証拠金取引は世界の通貨をオンラインでほぼ24時間いつでも取引することが可能です。円高でも円安でも利益を目指せますし、高金利通貨を保有するとスワップポイントが得られるのも魅力です。レバレッジをかければ大きなリターンを得られることがあります。

そんなFX取引をスタートするにはFX会社に口座開設し、その口座に入金することが必要です。FX会社は国内FX会社と海外FX会社の主に2タイプがあります。国内FX会社は国内に会社があり、国内の口座に証拠金を預入し、国内のサーバーを介してFX取引を行う形になっています。

それに対して海外FX会社は海外に会社があり、海外の口座に証拠金を預入し、海外のサーバーを介してFX取引を行うと言う違いがあります。国内FX会社は日本の金融庁に登録しないと営業が出来ないです。

しかし海外FX会社は登録しなくても営業が出来ます。海外FX会社のほとんどで日本の金融庁に登録していませんが、それはレバレッジ規制がかけられるからです。日本の金融庁に登録すると金融庁から個人口座のレバレッジは最大で25倍までとお達しが来てしまいます。国内FX会社が日本の金融庁に登録しないでFX事業を行うことは違法です。海外FX会社は海外で発行された金融ライセンスを取得しているところが多く、日本のトレーダーでも問題なく海外FX会社でFX取引を行うことが可能です。

その代わりにどこの国に登録していない海外FX会社ではトラブルが多く見られます。解約できない出金できないなどのトラブルが起きても海外FX会社に追求することは難しいです。金融ライセンスを発行している海外は様々です。中には取得が容易な金融ライセンスがありますが信頼性の面で劣ります。

マルタやFSCやCySECやASICなど審査基準が厳しく取得が難しい金融ライセンスを取得している海外FX会社(よく良質な例として出るのがハイロー)を選ぶことが大事です。海外FX会社の一部では日本の金融庁に登録しているところがありますが、国内FX会社同様に個人口座のレバレッジは最大25倍までです。海外FX会社によく見られるボーナスも無いので選ぶメリットが少ないです。

海外FX会社を利用するうえで障害になるのが言語です。英語が分からないと取引が行いにくいですし、何か分からないことがっても英語で質問するのは困難です。きちんとサイトが日本語化されている海外FX会社、日本語サポート付の海外FX会社も信頼性の高いところを選ばれると良いでしょう。


基礎情報

おすすめインフォメーション

サイト基礎情報


チャート大好き

私はFXをするときにたくさんチャートを表示しておかないと落ち着かないタイプです。

主要なものは大体同時に見張りながら取引に入るタイミングを考えているのですが、さすがに多すぎて目が疲れてくることが多くなりました。

そこで、それぞれのチャートに重ねていたインジケーターを少なくしてトレンド系とオシレーター系をひとつずつに絞ることにしたのです。

さっぱりした画面になったおかげでテクニカルよりも本来の値動きに目が行くようになったから、小手先に頼らずにその場の判断ができるようになってFXがやりやすくなったように思います。


©  Justingoodrich.net.